レディー

年齢がバレるほうれい線は美容液で隠せる!

美白・美肌に適した成分

化粧品

ビタミンCの弱点を克服

ビタミンc誘導体は、美白成分として注目されている成分です。美白効果だけではなく、シミやたるみも予防しニキビなどにも効果があるのです。ビタミンCそのものだと、肌の免疫によって奥まで浸透しません。しかし、ビタミンC誘導体は角質の奥まで浸透します。また、ビタミンCの酸化しやすい弱点も克服しています。酸化したビタミンCは活性酸素を産出してしまい、お肌を傷つけてしまうのです。一方、ビタミンC誘導体は酸化せずに、肌に浸透してからビタミンCになってくれます。ただし、ビタミンC誘導体は刺激が強いため、敏感肌の方は注意しましょう。乾燥肌にもなりやすいので、自分に合った製品選びと保湿が必要なのです。保湿効果の高い美容液などと併用することをお勧めします。

自分に肌質に合った製品を

ビタミンc誘導体は、刺激がある分お肌への相性は人それぞれです。原液や粉末でも売っているので、精製水で自分好みに調整も出来ます。お肌の弱い方には、油溶性が適しています。ビタミンC誘導体には、水溶性・油溶性・両性があります。水溶性は即効性がありますが、乾燥などしやすくお肌に刺激があります。しかし、油溶性は即効性はありませんが、低刺激になっています。敏感肌の方は油溶性から始めてみましょう。両性は水溶性・油溶性の両方のメリットを兼ね揃えています。化粧水との相性もいいので、実際に試して決めていきましょう。また、ビタミンc誘導体は洗顔後に使うことが大事です。ビタミンc誘導体は、角質が肌に溜まっていると浸透率が下がります。浸透はコットンに染み込ませて、数分置いて馴染ませるのも効果的です。